トップページ > フランス語学習法 > 動詞の活用

動詞の活用

フランス語を学び始めたのなら、動詞の活用の習得はさけて通れません。
子供の頃、掛け算九九を覚えたように、動詞の活用も、ひたすら暗記して身に付けていきます。

まずは動詞の活用表を用意しましょう。(辞書の後ろの方に付属のものでも構いません)
変化の法則は、動詞の属するタイプによって数十種類に分かれますが、よく使う動詞から覚えていきましょう。(avoir,etre,er動詞など)

■フランス語動詞活用 習得のポイント

・主格とセットで暗記する(Je,Tu,Il,Nous,Vous,Ils)
動詞は主格によって変化していきます。
動詞のみで覚えるのではなく、主格と一緒にまるごと覚えましょう。

・発音しながら、書き取りながら覚える
Je suis〜、Tu es〜、Il est〜 というように発音しながら、つづりを書いて覚えます。
実際に口にしながら書き取ると、驚くほど上達が早いです。

・毎日少しずつやる
フランス語の勉強をする際に、初めの5分でもいいので動詞の活用を覚える時間をとりましょう。

・ついで学習法
辞書で単語を調べる際に、意味を理解するだけでなく、動詞の活用練習もするようにしましょう。
ささいなことの積み重ねが大切なのです。

現在形の活用のほかに、過去形、未来形、半過去などなど、さまざまに活用する動詞を覚えようとすると
うんざりしてしまいそうですが、ある程度パターンを覚えてしまえば大丈夫です。

動詞の活用は一日にしてならず、まずはよく使う動詞から覚えてみては?

 

Copyright © 2005 フランス語学習に役立つ広場 フランス語大好き!. All rights reserved